ドルフィンズドリーム

5スターダイブセンター

投稿 – ページ 3 – ドルフィンズドリーム

ブログ一覧

伊豆は春爛漫・今冬の大瀬はちょっと違う!
2月16日(土)〜17日(日) 大瀬崎ツアーログ 迫力満点 キアンコウ こんにちは(^^)! サポートスタッフインストラクターの高橋です。2月16・17日と大瀬崎に行ってきました。伊豆半島は河津桜もずいぶん咲き進み8分咲き、菜の花はもう名残です。2日間とも少し風があったものの、穏やかな天気で気温15~17℃、水温16℃と例年に比べるとだいぶ暖かな状況でした。ドライ+厚手グローブ+フードであればそれほど寒さは感じませんでした。透視度は15~18m。とっても気持ちよく抜けていましたよ。肝心の水中生物はと言うと・・・。 『レアもの祭りじゃ~~~(゚д゚)!!』とでも叫びたいような状況でした。どう言う事かと言いますと水温が高いおかげで夏から秋にかけての死滅回遊魚などもまだまだ元気で、それに加えて深海から上がってくる冬場の魚も見られる、何でもあり状態です。この冬の大瀬はすごいです。春濁り前のこの時期、ぜひ潜ってみてください。きっと後悔はしないでしょう。 このブログ内の写真は今回のツアーで撮影したものです。カメラ派📷ダイバーの方は特にウズウズするのでは(^o^)?  大瀬からの帰り道は「♪パンケーキ♪食べたーい♪パンケーキ♪食べたーい♪」と言うことで前から気になっていた三津浜の『シーラカンスカフェ』に寄ってシーラカンスパンケーキをお試し。朝霧高原牛乳、丹那特濃乳、柿田川湧水と静岡地元産の厳選材料で焼き上げられたシェイプドパンケーキ。とてもおいしい上に個性的なフォルムでインスタ映え間違いなし!DD大瀬ツアー参加の際は皆様もいかがでしょう(^^♪ なぜサラサハタ!がこの時期の大瀬に(??) 見られた水中生物 タカベ ムレハタタテダイ ツバメウオ タキゲンロクダイ ホウボウ イロカエルアンコウ(yg 1㎝) イロカエルアンコウ(yg 5㎜) ミジンベニハゼ サラサハタ(40㎝) タテジマキンチャクダイ(yg 4㎝) ヒラメ(70㎝) マトウダイ キアンコウ マダコ アワシマオトメウミウシ ウデフリツノザヤウミウシ イソギンチャクカクレエビ オオウミウマ OLYMPUS DIGITAL CAMERA 深海生物も豊富 体長1cmくらいでとってもカワ(・∀・)イイ!! 旬のカニは美味しいカニ? ピンが来てなくてすみません(*_*) 気持ちの良い透明度です シーラカンスパンケーキ♡ バナナクリーム、サクラエビチーズ、スィートポテトの3種類の味があるよ 《コンディション》 最高気温:17℃/水温:16℃/透視度:15〜18m

セブの2日目のダイビングは、ナルスアン島で3ダイブ!!
2月8日(金)〜11日(月・祝) Cebu Mactanツアーログ(その2)     2月8日(金)から11日(月・祝)の日程で、フィリピン・セブ・マクタン島ツアーに行ってきました。   2月10日はナルスアン島で3ダイブ、早くもダイビング最終日です。サンゴやソフトコーラルの群生がとにかく見事なスポットでしたよ!(*゚▽゚*) ウミガメ、魚群、マクロ生物とカメラのレンズの切り替えが大忙しでした( ̄▽ ̄;)   コバンザメを2匹も従え、優雅に泳ぐアオウミガメくん。   アオヒトデの上には、ヒトデに負けないくらい鮮やかな青と黄色のヒトデヤドリエビが!にしてもデカっ!!   ナデシコカクレエビもあっちこっちに!   パラオクサビライシの中を探すとコロールアネモネシュリンプが。。。   ウミシダの裏にはウミシダウバウオが隠れていました。   ヤマブキスズメダイの幼魚や   イチゴパンツことマンジュウイシモチや   パープルビューティーの幼魚なんかもメッチャ可愛かったです。   メレンゲウミウシや、   ミドリリュウグウウミウシ、   タマゴイロイボウミウシなどウミウシもいっぱいでした。   なぜか仲良し   ムレハタタテダイもいっぱい!     クマザサハナムロの群れはやっぱり綺麗でついつい撮ってしまいます。   ご参加いただいた皆さん、有り難うございました!     カナちゃん、おめでとうございます!! 今回のツアー中、カナちゃんが25ダイブの区切りを迎えました。おめでとうございます!! お仕事がお忙しい中、昨年の夏の終わりにオープンウォーターを取って、半年余りでの25ダイブ達成は立派ですね(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ この辺りから更にダイビングが上手になり、楽しくなってくると思いますよ!!     《コンディション》 最高気温:29℃/水温:27℃/透視度:15m  

セブのダイビング初日は、ヒルトゥガン島へ!!
2月8日(金)〜11日(月・祝) Cebu Mactanツアーログ(その1)     2月8日(金)から11日(月・祝)の日程で、フィリピン・セブ・マクタン島ツアーに行ってきました。   2月9日に潜ってきたフィリピン・セブのヒルトゥガン島とマクタン島の水中です。透視度は今一つな感じでしたが、お目当てのロウニンアジの群れやツバメウオの群れ、マクロ系も色々で、皆さん写真撮りまくりの楽しいダイビングでした〜♪( ´▽`)   スコールのようなクマザサハナムロの群   浅瀬の砂地にいた小ちゃくて黒いウミテングの幼魚   アカメハゼも極小サイズ   綺麗な場所にいたガラスハゼ   こちらはオオガラスハゼかなぁ!?   ここのニチリンダテハゼはダイバー慣れしているのか、皆んな結構寄らせてくれます。   オイラニョウジのペア、撮り方が難しい被写体ですね。。。   日本では見ることができないスパインチークアネモネフィッシュ。   こちらはカクレクマノミ、ニモとマーリンです。   同じイソギンチャクにナデシコカクレエビも付いていました。   他にもサンゴやイソギンチャクを探すと。。。   甲殻類が色々、エビ&カニ好きにはたまりません。       ウミウシも色々!   ドロップオフにはパープルビューティーやメラネシアンアンティアスなどハナダイの仲間が舞い踊り。。。   棚上のエダサンゴの周りもカラフルな南の魚たちが彩ります。     ヒルトゥガン2本、マクタン1本の3ダイブして1日目は終了!     《コンディション》 最高気温:29℃/水温:27℃/透視度:10〜15m  
3 / 3123

CATEGORY

BLOG