ドルフィンズドリーム

5スターダイブセンター

7月20日(土)は、PADI Women’s Dive Day! – ドルフィンズドリーム

BLOGブログ

7月20日(土)は、PADI Women’s Dive Day! 2019年7月31日

7月20日(土)日帰り
親不知ツアーログ

 

DD栗田です。7月20日(土)は日帰りで、長野から一番近いダイブスポット上越・親不知ツアーに行ってきました。

 

この日はPADI Women’s Dive Dayと言う事で、世界中で女性ダイバーを盛り上げるイベントが行われ、ドルフィンズドリームでも、この親不知ツアーにご参加の女性ダイバーには特典があったのですが。。。

 

この日のお客様は、なおりん&nimaさんのお2人

 

今回の参加者は女性も男性もお一人ずつ( ̄◇ ̄;)今年は梅雨が長引いていて、皆さんまだ夏気分じゃなかったんですかね!この日は天気予報が良い方に外れて、雨には降られず、雲は多いものの薄日がさす時間帯もあって、風やウネリも無く、ベタ凪のグッドなコンディションだったのですが。。。

 

今回のツアーに参加された唯一の女性ダイバーのnimaさんには、DDから“海の仲間マスコット(マナマコ)”とPADIジャパンさんから、Women’s Dive Day参加店舗に提供して頂いたシャンソン化粧品の日焼け止め「UVプロテクトミルク」を差し上げて使ってみて頂きました。

 

 

UVプロテクトミルクは、紫外線吸収剤フリーなので、肌に優しいだけでなく、サンゴにも優しい日焼け止めと言う事ですので、海を愛するダイバーにはオススメですね( ^ω^ )

 

さて、海の中はと言うと、表層2m程は濁りがひどかったのですが、下まで潜ってしまえば10m弱は見えていました。
水温も23〜24℃程有り、気温も高いのでウエットスーツで快適に潜れるシーズンになりましたね。

 

コモンウミウシ

アカボシウミウシ

 

生物は春に多く見られたミノウミウシ系はすっかり姿を消し、色鮮やかなイロウミウシ系など夏のうみうしが増えてきました。
アジやスズメダイなどの魚たちも大きな群れになってきていて夏らしさを感じます。

 

投げ岩下の浅場にはマアジの群れがグッチャり

投げ岩の壁面ではホシギンポは卵を育んでいました。

日本海のクダゴンベ的存在!?スイというお魚です。

日本海側で潜っていると時々見かける謎の甲殻類

 

上級者ダイバーのお2人でしたので、多少透視度の悪い中層の移動も問題無し、マクロ中心で親不知の海の広範囲を楽しんでいただきました。

 

 

【出会った生物】

コモンウミウシ、サラサウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、キイロウミコチョウ、アカボシウミウシ、アズキウミウシ、クロシタナシウミウシ、メジナの群れ、マアジ群れ、ホシギンポ、コケギンポ、ヘビギンポ、ヒメギンポ、スイ、スズメダイ、チャガラ、マダイ、クロダイ、コブダイ(yg)、キジハタ、カサゴ、ウッカリカサゴ、メバル、ヒラメ、ヨメゴチ、キュウセン、ホンベラ、謎の甲殻類(シャコの仲間?)  etc.

 

 

さて、親不知ツアーのお楽しみの一つは、マリンサービス併設のレストラン“漁火”さんの日替わりダイバーランチ!
この日のメインはカキフライ&エビフライとカニ汁でした(*≧∀≦*)

 

 

そして、親不知ツアーのもう一つの食のお楽しみが、ツアー帰りに立ち寄る道の駅“マリンドリーム能生”の生岩牡蠣です。
この日も美味しくいただきました!(^ω^)

 

 

《コンディション》天気:曇り/最高気温:27℃/水温:23〜24℃/透視度:5〜10m

 

 

CATEGORY

BLOG