ドルフィンズドリーム

5スターダイブセンター

生物豊富で楽し過ぎでしょ七夕の大瀬崎! – ドルフィンズドリーム

BLOGブログ

生物豊富で楽し過ぎでしょ七夕の大瀬崎! 2019年7月12日

7月6日(土)〜7日(日)
大瀬崎ツアーログ

 

DD栗田です。7月6日(土)と7日(日)は、西伊豆・大瀬崎に行ってきました。
今回参加されたのは3名のファンダイブのお客様(^ω^)
梅雨時らしい雲の多い空模様でしたが、海の中は天候の割に意外と明るく、生物も豊富で楽しかったですよ!

 

湾内はカエルアンコウ祭り開催中!?ってくらいに、カエルアンコウの仲間があちらこちらに(´⊙ω⊙`)

 

棚下の浅場にいるオレンジのイロカエルアンコウ

 

他にもイバラダツやカミソリウオ、トガリモエビに極小のピカチューなどフォトジェニックな生物たちがいっぱい(*≧∀≦*)
1日目は湾内だけで3本潜っちゃいました。

 

湾内定位置に居てくれているイバラダツ

ミルに付くトガリモエビ

ピカチューことウデフリツノザヤウミウシ、極小のカワイイサイズです。

 

2日目は外海(一本松)と岬の先端に潜ってきました。
どちらのポイントも梅雨時のこの時期としては透視度も良く、群系の魚が良い感じ、産んで間も無いと思われる卵を育むクマノミが見れたり、アカメイロウミウシやハナオトメウミウシの交接シーンに出くわしたりと、初夏のこの時期の水中は、ネイチャー系のダイバーの方にも楽しい海となっていますよd( ̄  ̄)

 

外海表層に群れていたタカベ

マツバスズメダイも大きな群れを作っていました。

産んだばかりと思われる綺麗なオレンジ色の卵を育むクマノミ

綺麗なフジイロウミウシもあちこちで。。。

イソギンチャクモエビもいっぱい!

 

今回が2年ぶりのダイビングだったマーくんこと小林さんもばっちり潜れていました。
被写体いっぱいの海だったので、皆さんの写真が楽しみですね!

 

マーくん、次はあまり間が空かないように潜りに行きましょうね!

マスタースクーバダイバーのお二人は流石の安定感!

 

そうそう、七夕の日の夕方、僕らが大瀬を出た後に、ナント湾内でジンベイザメが目撃されたようですよ!Σ(゚д゚lll)大瀬崎恐るべしですね!!(@_@;)

【出会った生物】

イバラダツ、カエルアンコウ、イロカエルアンコウ、クマノミ、ミノカサゴ、ハタタテダイ、チョウチョウウオ、キンチャクダイ、アザハタyg、オオモンハタ、ホウキハタ、キンギョハナダイ、アカオビハナダイ、スジハナダイ、サクラダイ、クロホシイシモチ群、スズメダイ群、マツバスズメダイ群、ソラスズメダイ群、メジナ群、ウツボ、マアジ、マダイ、クロダイ、トガリモエビ、オトヒメエビ、イソギンチャクモエビ、サラサエビ、オルトマンワラエビ、ゼブラガニ、ウデフリツノザヤウミウシ(ピカチュ=)、フジイロウミウシ、アカメイロウミウシ、ハナオトメウミウシ  etc.

 

 

ダイビング後のはごろも荘の生ビールは格別ですね。。。
何であんなに美味しいんだろう、グラスがキンキンに冷えてるからかなぁ!?

 

グラスが凍っているのわかります?

 

大瀬からの帰り道は、リクエストもいただいたので、三津のシーラカンス焼き(シェープドパンケーキ)のお店へ!

 

今回は桜えび&まろやかチーズとバナナ&ショコラをシェアして頂きました。

 

遅めのランチは、函南のロブロイさんで、味もボリュームもサービスも満点のダイバーランチを頂きました!

 

ダイバーランチはどれを頼んでもドリンク付きの上、サラダとかき氷はサービスで頂きました

 

《コンディション》天気:曇り時々雨/最高気温:25〜28℃/水温:22〜24℃/透視度:8〜18m

 

 

CATEGORY

BLOG