ドルフィンズドリーム

5スターダイブセンター

日本三大清流 長良川でオオサンショウウオに出会う!! – ドルフィンズドリーム

BLOGブログ

日本三大清流 長良川でオオサンショウウオに出会う!! 2019年5月28日

5月25日(土)〜26日(日) 長良川ツアーログ

景観も美しい長良川

こんにちは(^^)! DDの高橋です。5月25・26日と長良川リバーダイビングに行ってきました。参加者は小川さん、中ちゃん、みさっち、ノブさん、社長、ユキヒロくん、クリさん、僕の8名です。岐阜県北部に端を発する長良川は柿田川、四万十川とともに日本三大清流のひとつに数えられるほど水質が良いのです。ポイントのある美濃市、関市の流域は通常は流れもさほど急ではなく、バーベキューにピッタリの河原も広がっていて、ダイビングのエントリーに適しています。また当然ですが川の中は海とは全く違った生態系が育まれています。特に国の特別天然記念物のオオサンショウウオに水中で出会えるという、素晴らしい体験が期待できるのです。天候にも恵まれ気温32~35℃、水温17℃~19℃とドライ+グローブ+フードで快適に潜れました。お天気が良すぎて陸上はちょっと暑かったです。透視度は8~12m。ダイビングスタイルは、ポイントにもよりますが、ポピュラーなのは河原からエントリーします。そして流されないように水中の石や岩につかまりながら上流に進み、最後は少し流しながら、ほぼ元の場所に戻ります。

緩やかな流れを昇ります

水中からみる新緑が綺麗です

ウグイです 長野ではハヤとも呼びますね

石じゃないですよ オオサンショウウオが二匹並んで見られるのは珍しいようです

水面でパチリ

水深は、ほぼ水面下から深いところでは10mほどです。巨岩の周りの複雑な流れに巻かれる空気の泡や、浅場に指す太陽光が水流に反射してキラキラ光る光景など 川ならではの美しい水中風景に感動しました。今回はオオサンショウウオ6個体に出会えました。小さいものは50センチほどから大きなものは1m近いものまで。つぶらな瞳がとても可愛いかったです。

このツアーのお楽しみはリバーダイビングだけではありません。美濃市は食事の美味しいお店がたくさんあり、長良川ダイビングリゾートのオーナー、深和さん案内のグルメツアーでもあるのです。まずは1日目のお昼、うなぎの名店「関の孫六」。開いた生のウナギを白焼きせずにそのまま炭火で焼き上げます。口に入れると香ばしい炭焼きの香りとともにウナギのおいしさが広がります。甘めのタレに、その場で擂った山椒をかけると風味が良くていくらでも食べれる気がします。絶品でした。

暖簾見ただけで美味そう

炭焼きの香ばしい香りがたまりません

続いて1日目夕食。A5ランクの飛騨牛が格安で食べられる「陣屋」さん。都会で食べたら●万円の特選飛騨牛がとってもリーズナブル、みんなおなか一杯食べて、最後はご飯と赤だしで締め(´▽`*)こちらもとてもおいしかったです。

地元の方で混んでいました

とにかく美味しp(^^)q

クリさんのお友達の長良川ダイビングリゾートの深和さん(前列左)と乾杯!

そして二日目のダイビング終了後はプント・ミーノ。イタリアンのお店です。パスタ、ピッツァはもちろん、旬の若鮎を使ったフリット。これが最高でした。お店もおしゃれで寛げて雰囲気がよかったたですよ。

長良川ツアーは年に一回ですが、人数が集まればツアー開催も可能です。まだ行ったことのない方はぜひ行ってみていただきたいです。希望がある方はお店で相談してくださいね。

以上、ダイビングも食事も大満足の長良川リバーダイビングツアー報告でした。

川沿いのイタリアン

おしゃれなお店です

今が旬の若鮎のフリット!

見られた水中生物

オオサンショウウオ アユ スッポン イシガメ アブラハヤ ウグイ オイカワ カジカ ヨシノボリ チチブ ヌマチチブ ウキゴリ アマゴ モクズガニ ナマズ ギギ ウナギ アジメドジョウ ニゴイ モツゴ モロコ カワムツ カワヒガイ 

《コンディション》 最高気温:35℃/水温:17~19℃/透視度:8〜12m

CATEGORY

BLOG