ドルフィンズドリーム

5スターダイブセンター

投稿 – ページ 2 – ドルフィンズドリーム

ブログ一覧

2月23日(土)EFR(救急法)コース開催!
  2月23日(土)は、ドルフィンズドリームの店内でEFR(救急法)コースを開催しました。 今回の参加者は、更新コースのお2人、5回目と3回目の更新でダイバーとしてもベテランのマスタースクーバダイバーのお2人です。   30回の胸部圧迫と2回の人工呼吸を交互に行うCPRを練習したり。。。     AED(体外式自動除細動器)の使い方を学んだり。。。     怪我や病気の評価方法、止血や包帯の使い方なども練習して、2年ぶりの知識とスキルを復習していただきました。     最後は、僕を副木と包帯と三角巾でグルグル巻きにして完成!     EFR更新コース無事終了です。   EFR(エマージェンシー・ファースト・レスポンス)プログラムは、いざという時に、すばやく、適切に、自信を持って対処できる、応急処置の手順を楽しく学べるプログラムです。 3月にも開催予定があります。受講を希望される方は、ドルフィンズドリームまでお問い合わせくださいね! PADIジャパンEFRページ

透視度抜群、気温も水温も温かく最高のコンディション!
2月19日(火)〜20日(水) 大瀬崎ツアーログ この時期の平日の大瀬崎湾内はこんな感じ。貸し切り状態で楽しめます(*゚▽゚)ノ 2月19日(火)と20日(水)は、平日ツアーで大瀬崎に行ってきました。参加者の方々は、皆さん平日ツアーに始めて参加された方ばかり、貸し切り感満載の冬の平日の大瀬崎にビックリされたようです。 1日目は生憎の小雨混じりのお天気でしたが、風は弱く気温は高めで、湾内と外海を一本ずつ楽しんで頂きました。 オオウミウマの幼魚、シャイな子でなかなかカメラ目線をしてくれません( ̄▽ ̄;) カエルアンコウの幼魚、5mmの極小サイズです。 サクラミノウミウシ、可愛いサイズで水中でサクラの花びらを見つけた感じ! 2日目はお天気回復して、青空が広がり、2月だと言うのに、最高気温は何と21℃!( ̄O ̄;)西寄りの風で外海は波が立ってきてしまいましたが、汗ばむような陽気の中、ダイブマスター講習生のガイドで湾内を2本潜ってきました。 大型のカワハギの仲間でウスバハギです。大瀬崎ではあまり見かけない気がします。 水神様の下の新漁礁はハタタテダイやチョウチョウウオが群れていたり、ツバメウオやハナミノカサゴ、アザハタの幼魚など、南の子達がまだまだ元気に泳いでいます。 ダイブマスター講習生のお2人とも、ガイド役もアシスタント役もバッチリこなして、水中ガイド試験は無事合格です!おめでとうごさいます!💮 ダイブマスター講習生のガイド&アシスタント風景 帰り支度を整えて外に出ると、波打ち際に深海魚のミズウオが打ち上がっていました。サファイアブルーに輝く目とバショウカジキのような背ビレが印象的です。だいぶ弱っていましたがどうなったかなあ!? ミズウオです。水中で出会いたかった〜! 帰り道は、見頃を迎えている海沿いの河津桜を見て、最近流行り!?のしーらかんすcaféに寄って、シーラカンスのシェイプドパンケーキを食べて帰りましたd( ̄  ̄) 河津サクラも間も無く満開を迎えそうです。 しーらかんすcaféでの一コマ 《コンディション》 最高気温:21℃/水温:16℃/透視度:12〜18m

オープンウォーター海洋実習、とっても上手に無事終了!
2月16日(土)〜17日(日) 大瀬崎ツアーログ(その2)     栗田です。2月16日と17日の大瀬崎ツアーで、わかなちゃんがオープンウォータコースの海洋実習を終えてダイバーの仲間入りをしました! 気温も水温も温かく、透視度は15〜18mの青い海、波無し、流れ無しという抜群のコンディションの中、スキルもナビゲーションもバッチリこなして、とっても上手に、しかも終始楽しそうに潜っている姿がとっても印象的でした( ´ ▽ ` )ノ まずは水神様に2日間の安全とオープンウォーターコースの無事終了を祈願!   プールでも上手でしたが、海でもスキルはバッチリでホバリングだってこの通り! コンパスナビゲーションだって難なくこなして。。。 南の海からの珍しいお魚や。。。   カラフルなお魚。。。   お目めの綺麗な可愛い子に。。。   髭の生えた面白いお魚。。。   オープンウォーターコースで出会っちゃって良いの?って感じの   大瀬崎のアイドルたちにも色々出会って。。。   い〜っぱい遊んで。。。   最後はこの通りの余裕のOKサインです! わかなちゃん、オープンウォーターダイバーコース終了㊗️おめでとうございま〜す!これでダイバーの仲間入りですね。これから色々な海にたっくさん潜りに行って下さいね!! それにしても大瀬崎は、今回もとっても良いコンディションでした!!   《コンディション》 最高気温:17℃/水温:16℃/透視度:15〜18m  

伊豆は春爛漫・今冬の大瀬はちょっと違う!
2月16日(土)〜17日(日) 大瀬崎ツアーログ 迫力満点 キアンコウ こんにちは(^^)! サポートスタッフインストラクターの高橋です。2月16・17日と大瀬崎に行ってきました。伊豆半島は河津桜もずいぶん咲き進み8分咲き、菜の花はもう名残です。2日間とも少し風があったものの、穏やかな天気で気温15~17℃、水温16℃と例年に比べるとだいぶ暖かな状況でした。ドライ+厚手グローブ+フードであればそれほど寒さは感じませんでした。透視度は15~18m。とっても気持ちよく抜けていましたよ。肝心の水中生物はと言うと・・・。 『レアもの祭りじゃ~~~(゚д゚)!!』とでも叫びたいような状況でした。どう言う事かと言いますと水温が高いおかげで夏から秋にかけての死滅回遊魚などもまだまだ元気で、それに加えて深海から上がってくる冬場の魚も見られる、何でもあり状態です。この冬の大瀬はすごいです。春濁り前のこの時期、ぜひ潜ってみてください。きっと後悔はしないでしょう。 このブログ内の写真は今回のツアーで撮影したものです。カメラ派📷ダイバーの方は特にウズウズするのでは(^o^)?  大瀬からの帰り道は「♪パンケーキ♪食べたーい♪パンケーキ♪食べたーい♪」と言うことで前から気になっていた三津浜の『シーラカンスカフェ』に寄ってシーラカンスパンケーキをお試し。朝霧高原牛乳、丹那特濃乳、柿田川湧水と静岡地元産の厳選材料で焼き上げられたシェイプドパンケーキ。とてもおいしい上に個性的なフォルムでインスタ映え間違いなし!DD大瀬ツアー参加の際は皆様もいかがでしょう(^^♪ なぜサラサハタ!がこの時期の大瀬に(??) 見られた水中生物 タカベ ムレハタタテダイ ツバメウオ タキゲンロクダイ ホウボウ イロカエルアンコウ(yg 1㎝) イロカエルアンコウ(yg 5㎜) ミジンベニハゼ サラサハタ(40㎝) タテジマキンチャクダイ(yg 4㎝) ヒラメ(70㎝) マトウダイ キアンコウ マダコ アワシマオトメウミウシ ウデフリツノザヤウミウシ イソギンチャクカクレエビ オオウミウマ OLYMPUS DIGITAL CAMERA 深海生物も豊富 体長1cmくらいでとってもカワ(・∀・)イイ!! 旬のカニは美味しいカニ? ピンが来てなくてすみません(*_*) 気持ちの良い透明度です シーラカンスパンケーキ♡ バナナクリーム、サクラエビチーズ、スィートポテトの3種類の味があるよ 《コンディション》 最高気温:17℃/水温:16℃/透視度:15〜18m

セブの2日目のダイビングは、ナルスアン島で3ダイブ!!
2月8日(金)〜11日(月・祝) Cebu Mactanツアーログ(その2)     2月8日(金)から11日(月・祝)の日程で、フィリピン・セブ・マクタン島ツアーに行ってきました。   2月10日はナルスアン島で3ダイブ、早くもダイビング最終日です。サンゴやソフトコーラルの群生がとにかく見事なスポットでしたよ!(*゚▽゚*) ウミガメ、魚群、マクロ生物とカメラのレンズの切り替えが大忙しでした( ̄▽ ̄;)   コバンザメを2匹も従え、優雅に泳ぐアオウミガメくん。   アオヒトデの上には、ヒトデに負けないくらい鮮やかな青と黄色のヒトデヤドリエビが!にしてもデカっ!!   ナデシコカクレエビもあっちこっちに!   パラオクサビライシの中を探すとコロールアネモネシュリンプが。。。   ウミシダの裏にはウミシダウバウオが隠れていました。   ヤマブキスズメダイの幼魚や   イチゴパンツことマンジュウイシモチや   パープルビューティーの幼魚なんかもメッチャ可愛かったです。   メレンゲウミウシや、   ミドリリュウグウウミウシ、   タマゴイロイボウミウシなどウミウシもいっぱいでした。   なぜか仲良し   ムレハタタテダイもいっぱい!     クマザサハナムロの群れはやっぱり綺麗でついつい撮ってしまいます。   ご参加いただいた皆さん、有り難うございました!     カナちゃん、おめでとうございます!! 今回のツアー中、カナちゃんが25ダイブの区切りを迎えました。おめでとうございます!! お仕事がお忙しい中、昨年の夏の終わりにオープンウォーターを取って、半年余りでの25ダイブ達成は立派ですね(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ この辺りから更にダイビングが上手になり、楽しくなってくると思いますよ!!     《コンディション》 最高気温:29℃/水温:27℃/透視度:15m  

セブのダイビング初日は、ヒルトゥガン島へ!!
2月8日(金)〜11日(月・祝) Cebu Mactanツアーログ(その1)     2月8日(金)から11日(月・祝)の日程で、フィリピン・セブ・マクタン島ツアーに行ってきました。   2月9日に潜ってきたフィリピン・セブのヒルトゥガン島とマクタン島の水中です。透視度は今一つな感じでしたが、お目当てのロウニンアジの群れやツバメウオの群れ、マクロ系も色々で、皆さん写真撮りまくりの楽しいダイビングでした〜♪( ´▽`)   スコールのようなクマザサハナムロの群   浅瀬の砂地にいた小ちゃくて黒いウミテングの幼魚   アカメハゼも極小サイズ   綺麗な場所にいたガラスハゼ   こちらはオオガラスハゼかなぁ!?   ここのニチリンダテハゼはダイバー慣れしているのか、皆んな結構寄らせてくれます。   オイラニョウジのペア、撮り方が難しい被写体ですね。。。   日本では見ることができないスパインチークアネモネフィッシュ。   こちらはカクレクマノミ、ニモとマーリンです。   同じイソギンチャクにナデシコカクレエビも付いていました。   他にもサンゴやイソギンチャクを探すと。。。   甲殻類が色々、エビ&カニ好きにはたまりません。       ウミウシも色々!   ドロップオフにはパープルビューティーやメラネシアンアンティアスなどハナダイの仲間が舞い踊り。。。   棚上のエダサンゴの周りもカラフルな南の魚たちが彩ります。     ヒルトゥガン2本、マクタン1本の3ダイブして1日目は終了!     《コンディション》 最高気温:29℃/水温:27℃/透視度:10〜15m  
2 / 212

CATEGORY

BLOG