ドルフィンズドリーム

5スターダイブセンター

投稿 – ページ 4 – ドルフィンズドリーム

ブログ一覧

3月11日(月) 平日EFR(救急法)コース開催!
  3月11日(月)は、リクエストを頂き、店内でEFR(救急法)の更新コースを開催しました。 今回の参加者は、ダイブマスターコースを終了し、間も無くダイブマスターに認定され活躍するお2人。ダイブマスターの資格申請にも有効なEFR認定が必要なんです。         30回の胸部圧迫と2回の人工呼吸を交互に行うCPRを練習したり。。。     AED(体外式自動除細動器)の使い方を学んだり。。。     怪我や病気の評価方法、止血や包帯の使い方なども練習して、2年ぶりの知識とスキルを復習していただきました。     最後は、恒例!僕を副木と包帯と三角巾でグルグル巻きにして完成! なぜか全員マスクしています( ̄▽ ̄;)     EFR更新コース無事終了、合わせてダイブマスターの申請書類も準備完了です。 ダイブマスターのブラックCカードが届くまで、もうしばらくお待ちくださいね!   EFR(エマージェンシー・ファースト・レスポンス)プログラムは、いざという時に、すばやく、適切に、自信を持って対処できる、応急処置の手順を楽しく学べるプログラムです。 受講を希望される方は、ドルフィンズドリームまでお問い合わせくださいね!   PADIジャパンEFRページ

お久しぶりの皆さん大集合!?
3月16日(土)〜17日(日) 大瀬崎ツアーログ     DD栗田です。3月16日(土)と17日(日)は、大瀬崎ツアーに行ってきました。天気予報では土曜日の朝は長野県内全域雪マークで、途中の標高の高い所は積雪があるんじゃ無いかと覚悟していましたが、予報は良い方に外れて雪の気配は全く無し!大瀬崎についてからも富士山が綺麗に見える良いお天気の2日間となりました٩( 'ω' )و   海の中は、黒潮パワーが弱まったのか!?透視度、水温ともに若干下がりましたが、まだ春濁りは無く、水温も例年よりも高めで温かく良好なコンディションが続いています。相変わらずフォトジェニックな生物がイッパイで楽しい海ですよ!   1本潜ってみたら意外と余裕だったの図。   今回参加されたお客様は5名、7ヶ月ぶり、8ヶ月ぶり、7年ぶりとなかなかお久しぶりのダイビングの方が多かったのですが、リフレッシュを兼ねて湾内の浅場に1本潜ったら、皆さん感を取り戻したようで、久しぶりのドライスーツダイビングもヘッチャラで楽しまれていました! あっ、お一人だけ今月2回目で、2週間ぶりの大瀬崎だったのがケンちゃん。ダイバーになって4ヶ月程と一番経験浅かったのですが、超〜余裕で潜っていました。やはり定期的に潜っていると上達が早いですね!   最近のマイブーム、ブルーボトルにブルーライトのミジンベニハゼ。   ヒレナガカサゴの幼魚、お目々が可愛い!   オニゴチもお目々が綺麗!   カエルアンコウの幼魚もいっぱいいます。   3月の定番となった白いカエルは貝殻の中に寝そべってました。   オオウミウマはすっかり黄色っぽくなりました。鼻先がムズムズしそう。   湾内の砂地では、お食事中のツノザヤウミウシを発見!   先端ではピカチュー発見!   と思ったら、辺りにイッパイいました( ̄▽ ̄;)   オルトマンワラエビはオレンジバックで。   こちらもオレンジ色の写真、ベニサンゴガニです。   ナイトで発見したスナダコは貝になりきっていました。   【出会った生物】 ミジンベニハゼ、ヒレナガカサゴ(yg)、オニゴチ、カエルアンコウ(yg・オレンジ)、カエルアンコウ(yg・白)、オオウミウマ(yg)、ムレハタタテダイ、ゲンロクダイ、コロダイ(yg)、アザハタ(yg)、オオモンハタ、巨大ヒラメ(60cm級)、ホウボウ、ミノカサゴ(yg)、タカサゴ、キンギョハナダイ、アカオビハナダイ、ソラスズメダイ、ウデフリツノザヤウミウシ(ピカチュー)、ツノザヤウミウシ、ハナオトメウミウシ、ヤイトサラサエビ、オトヒメエビ、アカエビ、オルトマンワラエビ、ベニサンゴガニ、スナダコ、etc.   大瀬崎からの帰り道は、先日の平日ツアーに引き続き、“かねふくめんたいパーク伊豆”に立ち寄ってみました。 が。。。想像を絶する激混み、ここはTDRか!!って感じで、早々に退散。     気をとりなおして、とっておきのランチスポットロブロイさんへ!ここはダイバーメニューがあるダイバーに優しいお店です。器や盛り付けもオシャレで、味も見た目もボリュームも言うこと無し!サービスも満点で、因みに写真のサラダとデザートはお店からのサービスで頂きました(*゚▽゚*)     《コンディション》 最高気温:16℃/水温:16℃/透視度:8〜10m  

シオちゃん、300ダイブおめでとう!!
3月12(火)~13日(水)平日 大瀬崎ツアーブログ こんにちは。DDの高橋です。3月12・13日大瀬崎平日ツアーに行ってきました。参加者はDDエキスパートダイバーの二人、シオちゃんとユキちゃん、そしてアドバンス挑戦のワカメちゃん、クリさん、ボクの計5名でした。そしてなんと今回の1本目でシオちゃんが記念すべき300DIVIを達成されました。すごい!おめでとうございます!!参加者が水中で300ダイブ達成のお祝いをさせていただきました。シオちゃんのお祝いのリーフレットはお店からシオちゃんへのプレゼントです。みんなでお祝いの言葉を書き込んでお持ち帰りいただきました。皆さんもメモリアルダイブの際には、ぜひ事前にスタッフにお知らせくださいね。 おめでとうございます 今回は2日とも天候は晴れ、気温18℃、水温16℃、透視度10~13m、悪くないです。しかし残念なことに西風が強く両日ともに外海がクローズでした。しかしそこは大瀬のすごいところ。湾内だけでもお楽しみ満載でした。 ムレハタタテダイなどの南方系の魚も元気ですし、ウミウシ系も豊富。カエルアンコウ、オオウミウマ、ウミテングと、まあ大瀬のオールスターもそろい踏みです。しかも平日で空いているので僕たちのグループで被写体独占状態!みんなテンションマックスで撮影していましたよ。今回、栗田店長に面白いものを貸していただきました。「タラララッタター!紫外線ライト~~!」これでミジンちゃんの青いビンを照らすと「なんという事でしょうーーー( ゚Д゚)」幻想的なブルーの世界が・・・・!興味のある方はクリさんに問い合わせて下さいね。 ビフォー 紫外線ライトオフ アフター(*'▽') 紫外線ライトオン❗ ワカメちゃんのリクエストでこんな事も 今回は早めに大瀬を出て、近ごろ三津で発見した定食屋さん 地魚料理「やまや」さんでお昼。地魚てんぷら、海鮮丼、煮魚、フライ等メニューも豊富でリーズナブル!とっても美味しかったです。ごちそうさまでした。 お得な平日ツアーにはまだお楽しみが。最近できた伊豆ゲートウェイ函南(道の駅)の隣のカネフクめんたいパーク伊豆へ。そう、あのカネフクです。福岡の明太子屋さんがなぜ伊豆に??と言う疑問はさておき、とりあえず明太ソフトで乾杯!お味は☆☆☆食べてのお楽しみです(^^♪ 美味しい明太子も安く買えますし、ちょっとしたアミューズメント施設となっています。工場見学もできますよ。 以上、海も陸も大満足のお得な平日ツアー情報でした。 見られた魚  ムレハタタテダイ タカベ ミジンベニハゼ ホウボウ ウミテング オオウミウマ ウスバハギ カエルアンコウ カナメイロウミウシ サラサウミウシ などウミウシ系 アジ ヒラメ ヒレナガカサゴ(yg)コロダイ(yg) ミギマキ(yg) 天気 晴れ 気温15~19℃ 水温15~17℃ 透視度8~13m

みんなが撮った写真コーナー(その1)
【3月2日(土)〜3日(日) 大瀬崎ツアーのお写真】   ドルフィンズドリームの栗田です。 先日の大瀬崎ツアーにご参加いただいたお客様が撮影されたお写真をご紹介します。   まずは“新たな才能”ことケンちゃんのOLYMPUS TG-5で写した作品です。   ミジンベニハゼがいる青いボトルを蛍光発光用のブルーライトで照らしての撮影。僕も含めなかなか上手く行かず、上手に撮れたのはケンちゃんだけ!濃い青色に黄色のミジンベニハゼが際立っていますね。   こちらは白いカエルアンコウの幼魚、ヒレ全開の瞬間を上手くとらえていますね!   続いてはオトヒメエビ、思いっきり寄って素晴らしい構図で切り取っています。   ウミウシカクレエビonニシキウミウシです。“甲殻類はカッコ良くて好き”とおっしゃっていたケンちゃん、ウミウシカクレエビの正面側から動きのあるカッコいい瞬間を捉えています。   続いては、今回のツアー中に50本目の記念ダイブを迎えたガルちゃんのOLYMPUS TG-5で写した作品です。   こちらもウミウシカクレエビonニシキウミウシ、鮮やかなニシキウミウシの模様を素敵な背景にして、いい位置でウミウシカクレエビを捉えていますね。   こちらはオオウミウマのyg、黒っぽくって、ユラユラと動いていてメッチャ難しい被写体だったのですが、バッチリ撮れてますね!   そしてナイトダイビングで写したホウボウ、羽のブルーの星が瞳に写り込んでいるようで素敵な写真です。   続いては、そろそろベテランダイバーの域に達するリュウさんのCanon PowerShotで写した作品です。   ウミトサカの幹に潜んでいたスケロクウミタケハゼ、キレイな被写体を良い構図で捉えています。それにしてもよく見つけましたねぇ。。。   こちらは湾内の沈ボートの下に潜んでいたコロダイygとゲンロクダイの2ショット。ハレーションを起こしやすい場所ですが、露出バッチリでキレイに撮れましたね。ゲンロクダイが後ろ向いちゃったのがオシイ!   最後は今回のツアーの紅一点、にまさんがFUJIFILM Finepixで写した作品です。   ピカチューことウデフリツノザヤウミウシです。メッチャかわいい感じに撮れていますね!   次はサンゴイソギンチャクの中に隠れていたカザリイソギンチャクエビ。小ちゃな被写体ですが、フォーカスバッチリで脚や尾の飾り模様や瞳までバッチリ写っていますね。   こちらはヒラムシの仲間(ニセツノヒラムシ属の一種)ですね。ウミトサカの根元でしょうか!?背景もピンク掛かっていて綺麗な写真ですね。   皆さん、ご自身のカメラの特徴を生かして上手に撮れていますね!(*^ー゚)b グッ   今後もこのブログ上で、みなさんが写した水中写真をご紹介させていただきたいと思っています。“これぞ!!”という写真が撮れた方はぜひお知らせくださいね!  

汗ばむ陽気が一転、翌日は冷たい雨降り、でも水中はコンディション良好!
3月2日(土)〜3日(日) 大瀬崎ツアーログ     3月2日(土)と3日(日)は、大瀬崎ツアーに行ってきました。土曜日は青空が広がる良いお天気で、気温もぐんぐん上がり、大瀬崎に到着する頃には汗ばむほどの陽気に、ところが日曜日は一転して朝から雨降りの肌寒い陽気となってしまいました。 でも、海の中は2月から引き続きの良好なコンディション。水温は若干下がって15℃代でしたが、それでも例年に比べると随分と温か。まだ春濁りの影響も見られず透視度も良好で、クリアな青い海にフォトジェニックな生物がイッパイの状況が続いています。   鮮やかなニシキウミウシに乗ったウミウシカクレエビ、インスタ映えする色合いです。   カナメイロウミウシは立派な二次鰓を見せびらかすような形になっていました。   岬の先端にはハナオトメウミウシがうじゃうじゃ!   こちらも面白い形のコノハミドリガイ、よく見ると海草の葉に“1”みたいな模様が。。。表彰台に乗っているみたい(笑)   2月の間楽しませてくれたオレンジのイロカエルアンコウに加え、湾内にはカエルアンコウの幼魚があちこちに登場!この黄色の子は湾内の割と浅いところにいました。   白いカエルアンコウの幼魚も登場!!   オオウミウマの幼魚は継続確認中!   南国っぽいこの子たちも冬を越えて元気に泳ぎ回っていました   ナイトダイブで出会ったホウボウ。瞳の色がとってもキレイです。   透視度も良く、気持ちの良い水中でした。   【出会った生物】 ウミウシカクレエビonニシキウミウシ、カナメイロウミウシ、ハナオトメウミウシ、コノハミドリガイ、ウデフリツノザヤウミウシ(ピカチュ=)、サクラウミウシ、エダウミウシ、フウセンウミウシ、ミツイラメリウミウシ、カメノコフシエラガイ、カエルアンコウ(yg・黄色)、カエルアンコウ(yg・白)、イロカエルアンコウ(yg・オレンジ)、オオウミウマ(yg)、ムレハタタテダイ、ゲンロクダイ、コロダイ(yg)、アザハタ(yg)、オオモンハタ、クエ、コブダイ、巨大ヒラメ(メーター級)、ホウボウ、ハナミノカサゴ、ミノカサゴ、タカサゴ、キンギョハナダイ、アカオビハナダイ、ソラスズメダイ、ミジンベニハゼ、スケロクウミタケハゼ、オトヒメエビ、カザリイソギンチャクエビ、ヒメセミエビ、モクズショイ、マルガザミ、ウミウ(水中)、etc.     そして、今回のツアー中に、ガルちゃんが50本目の記念ダイブを迎えました! ガルちゃんおめでとうございま〜す!(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ     大瀬崎からの帰り道は、“魚河岸 丸天”で遅めのランチ。相変わらずのすごいボリュームで皆さんに駿河湾の海の幸を堪能していただきました!d( ̄  ̄)   リクエストしていただけば、ツアー帰りに立ち寄りますよ!   《コンディション》 最高気温:1日目16℃・2日目11℃/水温:15.5℃/透視度:10〜15m  

TG-5初使用!?恐るべし!!
ドルフィンズドリームの栗田です。 今回紹介する写真は、全て先日の大瀬崎ツアーであるお客様が撮影した写真です。 撮影者はケンちゃんことセキハラ ケンジさん、昨年11月にダイバーになって、ダイビング本数は20本余り、購入したばかりのTG-5を今回のツアーで初めて使って撮影した写真です。   ちょこちょこと動き回るクマノミの幼魚もこの瞬間を撮影!   小さなイソギンチャクエビの瞳にまでしっかりピントが行ってます!   5mmの極小サイズのカエルアンコウの幼魚だってこの通り!   大瀬のアイドルミジンベニハゼも雰囲気のある写真になっています。   カサゴがカニを捕食!この瞬間だって逃さない!!     ちょっとヤバくないですか!?( ̄▽ ̄;) TG-5のマクロ性能もさることながら、ケンちゃんの瞬間を切り取るセンスや撮影テクニック。。。Σ( ̄。 ̄ノ)ノ 新しい才能の台頭に、僕も含めてカメラ派ダイバーの皆さん、ウカウカしていられませんね!   因みにここ最近の大瀬崎は、例年の冬より2℃程水温が高めで推移している為、南の魚達が冬を越えていて、そこにアンコウなどの冬の生物が登場しているので、魚種もいつになく多く、透視度も15〜18m程あってクリアな青い海が広がっています。ワイドもマクロもいい写真が撮れる条件が揃っていますよ!   今後もこのブログ上で、みなさんが写した水中写真をご紹介させていただきたいと思っています。“これぞ!!”という写真が撮れた方はぜひお知らせくださいね!  

2月23日(土)EFR(救急法)コース開催!
  2月23日(土)は、ドルフィンズドリームの店内でEFR(救急法)コースを開催しました。 今回の参加者は、更新コースのお2人、5回目と3回目の更新でダイバーとしてもベテランのマスタースクーバダイバーのお2人です。   30回の胸部圧迫と2回の人工呼吸を交互に行うCPRを練習したり。。。     AED(体外式自動除細動器)の使い方を学んだり。。。     怪我や病気の評価方法、止血や包帯の使い方なども練習して、2年ぶりの知識とスキルを復習していただきました。     最後は、僕を副木と包帯と三角巾でグルグル巻きにして完成!     EFR更新コース無事終了です。   EFR(エマージェンシー・ファースト・レスポンス)プログラムは、いざという時に、すばやく、適切に、自信を持って対処できる、応急処置の手順を楽しく学べるプログラムです。 3月にも開催予定があります。受講を希望される方は、ドルフィンズドリームまでお問い合わせくださいね! PADIジャパンEFRページ

透視度抜群、気温も水温も温かく最高のコンディション!
2月19日(火)〜20日(水) 大瀬崎ツアーログ この時期の平日の大瀬崎湾内はこんな感じ。貸し切り状態で楽しめます(*゚▽゚)ノ 2月19日(火)と20日(水)は、平日ツアーで大瀬崎に行ってきました。参加者の方々は、皆さん平日ツアーに始めて参加された方ばかり、貸し切り感満載の冬の平日の大瀬崎にビックリされたようです。 1日目は生憎の小雨混じりのお天気でしたが、風は弱く気温は高めで、湾内と外海を一本ずつ楽しんで頂きました。 オオウミウマの幼魚、シャイな子でなかなかカメラ目線をしてくれません( ̄▽ ̄;) カエルアンコウの幼魚、5mmの極小サイズです。 サクラミノウミウシ、可愛いサイズで水中でサクラの花びらを見つけた感じ! 2日目はお天気回復して、青空が広がり、2月だと言うのに、最高気温は何と21℃!( ̄O ̄;)西寄りの風で外海は波が立ってきてしまいましたが、汗ばむような陽気の中、ダイブマスター講習生のガイドで湾内を2本潜ってきました。 大型のカワハギの仲間でウスバハギです。大瀬崎ではあまり見かけない気がします。 水神様の下の新漁礁はハタタテダイやチョウチョウウオが群れていたり、ツバメウオやハナミノカサゴ、アザハタの幼魚など、南の子達がまだまだ元気に泳いでいます。 ダイブマスター講習生のお2人とも、ガイド役もアシスタント役もバッチリこなして、水中ガイド試験は無事合格です!おめでとうごさいます!💮 ダイブマスター講習生のガイド&アシスタント風景 帰り支度を整えて外に出ると、波打ち際に深海魚のミズウオが打ち上がっていました。サファイアブルーに輝く目とバショウカジキのような背ビレが印象的です。だいぶ弱っていましたがどうなったかなあ!? ミズウオです。水中で出会いたかった〜! 帰り道は、見頃を迎えている海沿いの河津桜を見て、最近流行り!?のしーらかんすcaféに寄って、シーラカンスのシェイプドパンケーキを食べて帰りましたd( ̄  ̄) 河津サクラも間も無く満開を迎えそうです。 しーらかんすcaféでの一コマ 《コンディション》 最高気温:21℃/水温:16℃/透視度:12〜18m

オープンウォーター海洋実習、とっても上手に無事終了!
2月16日(土)〜17日(日) 大瀬崎ツアーログ(その2)     栗田です。2月16日と17日の大瀬崎ツアーで、わかなちゃんがオープンウォータコースの海洋実習を終えてダイバーの仲間入りをしました! 気温も水温も温かく、透視度は15〜18mの青い海、波無し、流れ無しという抜群のコンディションの中、スキルもナビゲーションもバッチリこなして、とっても上手に、しかも終始楽しそうに潜っている姿がとっても印象的でした( ´ ▽ ` )ノ まずは水神様に2日間の安全とオープンウォーターコースの無事終了を祈願!   プールでも上手でしたが、海でもスキルはバッチリでホバリングだってこの通り! コンパスナビゲーションだって難なくこなして。。。 南の海からの珍しいお魚や。。。   カラフルなお魚。。。   お目めの綺麗な可愛い子に。。。   髭の生えた面白いお魚。。。   オープンウォーターコースで出会っちゃって良いの?って感じの   大瀬崎のアイドルたちにも色々出会って。。。   い〜っぱい遊んで。。。   最後はこの通りの余裕のOKサインです! わかなちゃん、オープンウォーターダイバーコース終了㊗️おめでとうございま〜す!これでダイバーの仲間入りですね。これから色々な海にたっくさん潜りに行って下さいね!! それにしても大瀬崎は、今回もとっても良いコンディションでした!!   《コンディション》 最高気温:17℃/水温:16℃/透視度:15〜18m  

伊豆は春爛漫・今冬の大瀬はちょっと違う!
2月16日(土)〜17日(日) 大瀬崎ツアーログ 迫力満点 キアンコウ こんにちは(^^)! サポートスタッフインストラクターの高橋です。2月16・17日と大瀬崎に行ってきました。伊豆半島は河津桜もずいぶん咲き進み8分咲き、菜の花はもう名残です。2日間とも少し風があったものの、穏やかな天気で気温15~17℃、水温16℃と例年に比べるとだいぶ暖かな状況でした。ドライ+厚手グローブ+フードであればそれほど寒さは感じませんでした。透視度は15~18m。とっても気持ちよく抜けていましたよ。肝心の水中生物はと言うと・・・。 『レアもの祭りじゃ~~~(゚д゚)!!』とでも叫びたいような状況でした。どう言う事かと言いますと水温が高いおかげで夏から秋にかけての死滅回遊魚などもまだまだ元気で、それに加えて深海から上がってくる冬場の魚も見られる、何でもあり状態です。この冬の大瀬はすごいです。春濁り前のこの時期、ぜひ潜ってみてください。きっと後悔はしないでしょう。 このブログ内の写真は今回のツアーで撮影したものです。カメラ派📷ダイバーの方は特にウズウズするのでは(^o^)?  大瀬からの帰り道は「♪パンケーキ♪食べたーい♪パンケーキ♪食べたーい♪」と言うことで前から気になっていた三津浜の『シーラカンスカフェ』に寄ってシーラカンスパンケーキをお試し。朝霧高原牛乳、丹那特濃乳、柿田川湧水と静岡地元産の厳選材料で焼き上げられたシェイプドパンケーキ。とてもおいしい上に個性的なフォルムでインスタ映え間違いなし!DD大瀬ツアー参加の際は皆様もいかがでしょう(^^♪ なぜサラサハタ!がこの時期の大瀬に(??) 見られた水中生物 タカベ ムレハタタテダイ ツバメウオ タキゲンロクダイ ホウボウ イロカエルアンコウ(yg 1㎝) イロカエルアンコウ(yg 5㎜) ミジンベニハゼ サラサハタ(40㎝) タテジマキンチャクダイ(yg 4㎝) ヒラメ(70㎝) マトウダイ キアンコウ マダコ アワシマオトメウミウシ ウデフリツノザヤウミウシ イソギンチャクカクレエビ オオウミウマ OLYMPUS DIGITAL CAMERA 深海生物も豊富 体長1cmくらいでとってもカワ(・∀・)イイ!! 旬のカニは美味しいカニ? ピンが来てなくてすみません(*_*) 気持ちの良い透明度です シーラカンスパンケーキ♡ バナナクリーム、サクラエビチーズ、スィートポテトの3種類の味があるよ 《コンディション》 最高気温:17℃/水温:16℃/透視度:15〜18m
4 / 512345

CATEGORY

BLOG