ドルフィンズドリーム

5スターダイブセンター

信州からも日帰り圏内!でも春の親不知はマクロ天国!! – ドルフィンズドリーム

BLOGブログ

信州からも日帰り圏内!でも春の親不知はマクロ天国!! 2019年5月20日

5月11日(土)・14日(火)
日帰り•上越 親不知ツアーログ

DD栗田です。5月11日(土)と14日(火)は、日帰りでも行けちゃう、信州から最も近いダイブスポット、新潟県糸魚川市の親不知海岸で潜ってきました!
途中白馬村から望む北アルプスの山々にはまだまだ雪が残っていますが、親不知に到着するとTシャツ姿でもちょうど良いくらいの暖かな陽気、海岸には海遊びを楽しんだり、ヒスイ探しをする方の姿もちらほら、そう糸魚川から親不知にかけての海岸は海岸に翡翠の原石が混じるヒスイ海岸なんです!(*゚▽゚*)

 

 

今回ツアーにご参加いただいたお客様は、週末、平日それぞれこちらの方々!

 

 

外の気温は暑いくらいになり、水温も多少上がってきたとは言え、まだ山からの雪解け水が流れ込む時期の日本海、水底付近の水温は13℃代でドライスーツのシーズンです。そしてこの時期の日本海のアイドルといえば、そうこの子達、天使の輪っか付きのダンゴちゃん!日本海固有のサクラダンゴウオの幼魚達ですd( ̄  ̄)

 

天使の輪っかの残るサクラダンゴウオの幼魚

 

ウミウシも色々、コケギンポ達も大きな口を開けて愛嬌(ホントは威嚇)を振りまいてました!

他にもヤリイカの卵やハナジロガジなんて珍しいお魚など色々な生物達に出会えましたよd( ̄  ̄)

 

アカエラミノウミウシ

アズキウミウシです。白バージョンは珍しいかも!?

 

コケギンポ君、大きな口を開けて威嚇しているんですが、その姿がカワイイ!!

 

ヤリイカの卵です。よく見ると中の仔イカの目が光って見えます。

 

ハナジロガジという冷たい海の魚、初めて見ました。

 

【出会った生物】サクラダンゴウオ幼魚、アカエラミノウミウシ、エムラミノウミウシ、フジエラミノウミウシ、ベルグミノウミウシ、ヤマトユビウミウシ、キイロウミコチョウ、クロヘリアメフラシ、アズキウミウシ(白ver.)、シラユキウミウシ、コケギンポ、ヤリイカの卵、ハナジロガジ etc.

 

春の親不知の海の中は緑や赤褐色の海草が茂る綺麗な風景です。

 

親不知ツアーは2ダイブを終えた後にいただく日替わりのダイバーランチもお楽しみ!
土曜日は旬の山菜とエビ、カニの天ぷらとタイと甘エビのお刺身、火曜日はヒラメのお刺身と有頭エビのフライ&鳥唐、紅ズワイガニのお味噌汁、どれも美味しかったぁ!(*≧∀≦*)

 

 

火曜日のツアーでは親不知の近くのお風呂が休館日だったので、30分程車で移動し、能生の手前を少し山手に入った場所にある“長者温泉ゆとり館”というお風呂を訪ねてみました。山間のひなびた温泉って感じの佇まいで、泉質はメタけい酸が含まれる美人の湯らしいです。良いお湯でした。

 

 

週末、平日とも、ツアーの最後は道の駅”マリンドリーム能生”の鮮魚センターで、GWからシーズンが始まったばかりの生岩ガキに舌鼓!
親不知ツアーは、日帰りですが内容の濃いツアーですよ(^ー^)

その場で殻を開けてくれる岩ガキは身も大きくって絶品です!

 

《コンディション》 最高気温:3日25℃、4日26℃/水温:18〜19℃/透視度:10〜30m

 

 

CATEGORY

BLOG