ドルフィンズドリーム

5スターダイブセンター

ドルフィンズドリーム コロナ対策

イベント報告 – ドルフィンズドリーム

ブログ一覧

日産エルグランド
リース期間満了の為、DDのエルグランド号が返却となりました。走行距離は18万キロ余り、今まで色々な海に連れて行ってくれました。 新しいツアー車も日産エルグランド、今までのブリリアントシルバーの設定が無かった為、ダークメタルグレーのちょっと濃いめのボディカラーとフロントグリルのデザイン変更で、少しイカツイ感じですが、これからヨロシクお願いします❗️

仲良しダイビング女子の、ドライ&カメラ練習プールダイブ!
  3月9日(火)は、アクアウィングのダイビングプールで、平日がお休みの仲良しダイビング女子お2人のスキルアップのプールダイブを行いました。     今回の課題は、ドライスーツと水中カメラの練習をしたいということで、まずは適正ウエイトチェックをして、ドライスーツでの潜降・浮上、浮力調整、水中姿勢や泳ぎ方などを練習、休憩を挟んで、初使用のTG-6を使って、被写体との距離感や手ブレをせずにシャッターを切る感覚などを掴んでいただき、その後は水中カメラマンと水中モデルさんにわかれて、バシバシ水中撮影会をしていただきました。      透明度抜群の、25m×20m×水深5mの広々としたダイビングプールを貸し切りで使えるので、プールとは思えない楽しい環境で、メキメキスキルアップできますよd( ̄  ̄)     次回の開催予定は今の所未定ですが、定期的に開催していきますので。以下のリンクからチェックしていてくださいね! DDツアースケジュールはこちらから  

水深5mダイビングプールで、スキルUPプールダイブ開催!
  2月23日(火)天皇誕生日の祝日は、アクアウィングのダイビングプールを使って、スキルアップの練習会を行いました。     透明度抜群の、25m×20m×水深5mの広々としたダイビングプールを貸し切りで使えるので、プールとは思えない楽しい環境で、皆さん浮力や水中姿勢、潜降など、それぞれ課題を持って練習していました。     海でのダイビングと違って、静かなプールの環境の中、ストレスフリーで、苦手なスキルも繰り返し練習できて、スムーズに上達できますよ!d( ̄  ̄)       3月にも、平日のみの日程ですが予定があります。以下のリンクからご確認ください。   DDツアースケジュールはこちらから  

エキップメント(器材)SPコース開催!
  今年に入ってから、寒さやVirus感染症の影響なんかで、全くダイビングに行けていないのですが。。。 そんな中、長野で受けれる講習を(^人^)ということで、昨日はドルフィンズドリームの店内でエキップメント(器材)SPコースを開催しました。   密を避けるため、参加定員はお2人のみ、サージカルマスク着用の上、換気や手指消毒をこまめに行いながら、ダイビング器材の構造やメンテナンスのコツ、最新の器材の情報なんかを、ワークショップでの実践もまじえながら、午後一から閉店時刻過ぎまで、ガッツリお勉強していただきましたよ。 ご参加いただいたお二人、長時間に渡る講習お疲れ様でした!!   PADIのスペシャルティコースの中には、器材SPをはじめ、海に行かなくても受講可能なコースがいくつかありますので、ご希望の方はお問い合わせくださいね!   https://dd-umi.com/contact/    

DDフォトコン表彰式も開催!
2020年1月31日(金)DD新年会   ギリギリ1月中に間に合いました〜!( ̄▽ ̄;)1月31日(金)にドルフィンズドリーム新年会&2019DD水中写真コンテスト受賞者表彰式を南千歳の“炭問屋 だいだらぼっち 二の坊”さんを会場に行いました!!     まずは酔っ払っちゃう前にフォトコンテスト入賞者の方の表彰式!ここで改めて入賞作品をご紹介しておきましょう╰(*´︶`*)╯   【一般部門 グランプリ】〜全応募作品の中で、最も評価が高かった作品〜 一般部門グランプリ 被写体:ウミウシカクレエビonニシキウミウシ撮影者:東 克 様撮影地:西伊豆 大瀬崎   【ビギナー部門 グランプリ】〜撮影時の経験ダイブ数が30ダイブ以下の方の応募作品の中で、最も評価が高かった作品〜 ビギナー部門グランプリ 被写体:ヒメイカ撮影者:関原 賢児 様撮影地:富山湾 滑川   【リゾートダイビング賞】〜DDのビッグツアー参加時に撮影した作品の中で、グランプリについで評価が高かった作品〜 リゾートダイビング賞 被写体:サクラコシオリエビ(ピンクスクワットロブスター)撮影者:関原 賢児 様撮影地:高知 沖の島   【伊豆半島ダイビング賞】〜DDの伊豆半島ツアー参加時に撮影した作品の中で、グランプリについで評価が高かった作品〜 伊豆半島ダイビング賞 被写体:ウデフリツノザヤウミウシ撮影者:西澤 真寿美 様撮影地:西伊豆 大瀬崎   【日本海ダイビング賞】〜DDの日本海ツアー参加時に撮影した作品の中で、グランプリについで評価が高かった作品〜 日本海ダイビング賞 被写体:ヒメコウイカ撮影者:戸塚 栄一郎 様撮影地:富山湾 滑川   【リゾート・伊豆・日本海 コンプリート賞】〜DDのビッグツアー、伊豆半島ツアー、日本海ツアーで撮影した作品が、3つとも高い評価を得た方に贈られる賞〜 コンプリート賞(リゾート)コンプリート賞(伊豆)コンプリート賞(日本海) 被写体:カンザシヤドカリsp/ミジンベニハゼ/イシガレイ撮影者:小平 由紀子 様撮影地:パラオ(リゾート)/大瀬崎(伊豆半島)/滑川(日本海)   【特別賞】(淡水ダイビング賞)〜DDの淡水ダイビングツアー参加時に海とは違う環境の中で撮影した作品で、最も評価が高かった作品〜   (ネイチャー賞)〜DDのダイビングツアー参加時に撮影した作品の中で、生物の珍しさや生態的に面白い場面をとらえていて、最も評価が高かった作品〜 淡水ダイビング賞ネイチャー賞 (淡水ダイビング賞)被写体:沈木撮影者:行廣 真 様撮影地:富士五湖 本栖湖   (ネイチャー賞)被写体:クロスジリュウグウウミウシの交接撮影者:川井 隆一 様撮影地:高知 沖の島   フォトコンに入賞された皆さん、おめでとうございま〜す(≧∀≦)入賞者の皆さんには、下の画像の以外にも立派な賞状と、副賞としてダイブフリーなどの割引券とダイビング器材などの賞品が贈られました!受賞者の方の中には、遠方だったり、ご都合が悪かったりで、今回ご参加頂けなかった方もいらっしゃるのですが、賞状と賞品はお店で保管していますので、お受け取りにいらしてくださいね(^-^)/         表彰式の後は、美味しいお料理を囲んでの大新年会で盛り上がりました( ^ ^ )/□■\( ^ ^ )     ご参加下さった皆さん有難うございました(*゚▽゚)ノ2020年も色々な海にご一緒しましょうね!!      

7月20日(土)は、PADI Women’s Dive Day!
7月20日(土)日帰り親不知ツアーログ   DD栗田です。7月20日(土)は日帰りで、長野から一番近いダイブスポット上越・親不知ツアーに行ってきました。   この日はPADI Women’s Dive Dayと言う事で、世界中で女性ダイバーを盛り上げるイベントが行われ、ドルフィンズドリームでも、この親不知ツアーにご参加の女性ダイバーには特典があったのですが。。。   この日のお客様は、なおりん&nimaさんのお2人   今回の参加者は女性も男性もお一人ずつ( ̄◇ ̄;)今年は梅雨が長引いていて、皆さんまだ夏気分じゃなかったんですかね!この日は天気予報が良い方に外れて、雨には降られず、雲は多いものの薄日がさす時間帯もあって、風やウネリも無く、ベタ凪のグッドなコンディションだったのですが。。。   今回のツアーに参加された唯一の女性ダイバーのnimaさんには、DDから“海の仲間マスコット(マナマコ)”とPADIジャパンさんから、Women’s Dive Day参加店舗に提供して頂いたシャンソン化粧品の日焼け止め「UVプロテクトミルク」を差し上げて使ってみて頂きました。     UVプロテクトミルクは、紫外線吸収剤フリーなので、肌に優しいだけでなく、サンゴにも優しい日焼け止めと言う事ですので、海を愛するダイバーにはオススメですね( ^ω^ )   さて、海の中はと言うと、表層2m程は濁りがひどかったのですが、下まで潜ってしまえば10m弱は見えていました。水温も23〜24℃程有り、気温も高いのでウエットスーツで快適に潜れるシーズンになりましたね。   コモンウミウシ サラサウミウシシロウミウシ アカボシウミウシ アズキウミウシクロシタナシウミウシ   生物は春に多く見られたミノウミウシ系はすっかり姿を消し、色鮮やかなイロウミウシ系など夏のうみうしが増えてきました。アジやスズメダイなどの魚たちも大きな群れになってきていて夏らしさを感じます。   投げ岩下の浅場にはマアジの群れがグッチャり 投げ岩の壁面ではホシギンポは卵を育んでいました。 コケギンポ(こげ茶ver.)コケギンポ(黄色ver.)は穴から出てました。 日本海のクダゴンベ的存在!?スイというお魚です。 日本海側で潜っていると時々見かける謎の甲殻類   上級者ダイバーのお2人でしたので、多少透視度の悪い中層の移動も問題無し、マクロ中心で親不知の海の広範囲を楽しんでいただきました。     【出会った生物】 コモンウミウシ、サラサウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、キイロウミコチョウ、アカボシウミウシ、アズキウミウシ、クロシタナシウミウシ、メジナの群れ、マアジ群れ、ホシギンポ、コケギンポ、ヘビギンポ、ヒメギンポ、スイ、スズメダイ、チャガラ、マダイ、クロダイ、コブダイ(yg)、キジハタ、カサゴ、ウッカリカサゴ、メバル、ヒラメ、ヨメゴチ、キュウセン、ホンベラ、謎の甲殻類(シャコの仲間?)  etc.     さて、親不知ツアーのお楽しみの一つは、マリンサービス併設のレストラン“漁火”さんの日替わりダイバーランチ!この日のメインはカキフライ&エビフライとカニ汁でした(*≧∀≦*)     そして、親不知ツアーのもう一つの食のお楽しみが、ツアー帰りに立ち寄る道の駅“マリンドリーム能生”の生岩牡蠣です。この日も美味しくいただきました!(^ω^)     《コンディション》天気:曇り/最高気温:27℃/水温:23〜24℃/透視度:5〜10m    

海の日の3連休は、この夏初の越前へ!
7月13日(土)〜15日(月・海の日)越前ツアーログ   DD栗田です。7月13日(土)〜15日(月・海の日)の3連休は、この夏初の福井・越前海岸のツアーに行ってきました。今回参加されたのは、1年8ヶ月程ブランクが空いてしまい、お盆の小笠原ツアーに備えてリフレッシュを希望されているS先生お一人だけ!なんとインストラクター貸切プライベートなとっても贅沢なツアーでした。 初日の13日の夜は、わずか30分の間に1万3千発もの花火を打ち上げる豪勢な花火大会“越前みなと大花火”が開催予定ということで、13日の夕方までに現地に到着できるように出発!会場に到着すると、小雨交じりの生憎の空模様の中、既にこんなにたくさんの人が。。。   花火までの待ち時間、お好み焼きや焼きそば、生ビールなどの露店は大行列! 雨の予報が早まって、ちょっと残念な空模様でしたが、花火の迫力は凄かったですよ!   港の漁船もライトアップ雨模様でしたが予定通り開催   翌日からは越前定番ポイント学校下でダイビング!ダイビングハウスSEAMOREさんから情報をもらっていた黒(焦げ茶色)のタツノオトシゴにも無事に遭遇できました。   パっと見は真っ黒に見えましたが、ライトを当てるとコゲ茶のタツノオトシゴ 実はお腹の大きなお父さんです。   他にはウミウシも色々、夏のウミウシも増えてきました。   アカボシミノウミウシ サラサウミウシクロシタナシウミウシ アズキウミウシ   越前らしいお魚たちにも色々出会えましたよ!   ヘビギンポ(Breeding color) キヌバリナベカ セイテンビラメ マアジの群   1年8ヶ月のブランクが空いてしまったS先生、最初は耳抜きに苦労されていたようですが、潜ってしまえば余裕な感じでしたv(^_^)   お久しぶりのダイビングのS先生 中性浮力もバッチリでした!次はお盆の小笠原ですね(^_-)   【出会った生物】 タツノオトシゴ(ヒメタツ?)、アカボシミノウミウシ、サラサウミウシ、青ウミウシ、シロウミウシ、ヒロウミウシ、クロシタナシウミウシ、アズキウミウシ、ヘビギンポ、ヒメギンポ、コケギンポ、ホシギンポ、キヌバリ、チャガラ、ナベカ、セイテンビラメ、キジハタ、マアジ群れ、マダイ、クロダイ、コブダイ(yg)、カサゴ、ウッカリカサゴ、メバル、ヒラメ、ヨメゴチ、キュウセン、ホンベラ、マダコ  etc.       お泊まりはDD越前ツアーの定宿“民宿おもや”さん。夕食はカニ、お刺身、サザエのつぼ焼きなど相変わらずゴージャスですd( ̄  ̄)   いつも豪華な民宿おもやさんの夕食 カニとお刺身でプチ海鮮丼を作ってみました( ̄▽ ̄;)   9月までのDDツアーは越前がメインスポットとなります。夏の日本海は穏やかで透視度も高く、水温も温か!海鮮バーベキューや越前ダイビングフェアが開催される日程もありますのでチェックして見てっくださいね(^ω^)   《コンディション》天気:曇り一時雨/最高気温:25〜26℃/水温:22〜24℃/透視度:8〜10m    

お花見バーベキュー開催!!
2019年4月14日(日)   4月14日(日)に長野市篠ノ井のホエールズアドベンチャーさんを会場に、ドルフィンズドリームのお花見バーベキューイベントを開催しました♪( ´▽`)     周囲の桜🌸はまだ三分咲きといったところでしたが、施設の前の梅の花は満開、沢山の皆さんにご参加頂き、焼肉、串物、焼そばなどBBQの定番はもちろん、じゃがバターやおでん、そして皆さんが持ち寄って下さった色々なお料理で、お腹いっぱいになるまでバーベキューの集いを楽しんで頂けました╰(*´︶`*)╯     ご参加いただいた皆さん、ご協力いただいたホエールズアドベンチャーのスタッフの皆さん、有り難うございました!  

CATEGORY

BLOG